サイレントフィルム taniguchip

■若きクリエーターが作る木村拓哉さんのMVをプロデュース

11月中旬の深夜に、木村さんのマネージャーさんから、動画配信のGYAO!の番組
で若いクリエーターを公募して木村さんのMVを2本(曲)作ってもらおう、という企画
が決定したので、どのように進行したらいいのか相談がありました。

今までサイレントフィルムで、女性カメラマンに動画コンテンツを作るセミナーを
開催したり、前の会社の時に何人かの新人ディレクターのCMやPVをプロデュースした
経験から、採用から完成までのロードマップを考えて、番組スタッフに提案しました。
多少意見が出るのかと思っていたのですが、全て任せます!と言われてスタートしました。

お正月をはさんで2ヶ月後に番組でMVを紹介するという時間のないスケジュールだった
ので、確度を高めるために応募の段階で、企画と自分の作品集を提出してもらいました。
具体的な制作費(30万)の提示は反対意見もありましたが、後々のことを考えて、告知
してもらうことにしました。当初500人位応募があるのでは?と言われたのですが、
告知から締め切りまで一週間位と短かったのと、先述の条件を厳しくしたので、そんなに
来ないと思っていました。最低優秀な人が2名いれば、なんとかなると自分に言い聞かせ
ていました。それでも思った以上に応募がありました。それを番組の若いスタッフと2人で
選考し5人に絞り込み、木村さんにプレゼンしました。番組では木村さんは、私(谷口)
が選んだと言っていましたが、最終的に選んだのは木村さんです。
余談ですが、この時木村さんは真面目な人が好きなんだな、と思いました。
最終面接前に2人(組)に絞り込まれてしまったので、面接が少し心配でしたが、面接して
みると、できそうな若者たちだったので少し安心しました。

その後、撮影まで約2週間かけて準備をしました。ポイントはスタッフィングと撮影場所
と予算管理です。NEWSTARTチームは、アニメを専攻している学生なので、実写経験がなく
心配でしたが、編集もできる優秀な若いカメラマンを探してきました。
ロケ場所は、普通のスタジオだと予算の大半を使ってしまうので、雑居ビルにあるスタジオや、
クリエーターの母校である大学の美術館と、安く使える場所を見つけてきました。木村さんは、
撮影のために、わざわざ武蔵野美術大学まで来てくれました。とてもいいロケーション撮影が
できました。両チームとも、企画の段階で予算のことは意識してくれていたので、最終的には
予算の範囲内でできています。

私が口出しをしたのは、忙しい木村さんを時間通りに撮影するための段取り位で、
内容に関しては1つか2つ位です。これは、いつもプロの人とやる場合よりも少ないのでは
ないかと思いました。最初の前提づくりが大事で、ここに漏れがあると制作に大きな影響が
あります。若いクリエーターたちは、それを忠実に守り、スケジュール通りに、予算通りに、
クオリティの高いミュージックビデオを作ってくれました。
さらに、今回のそれぞれのMVのカメラマンは、監督たちにとって初めての人たちだったのですが
お互いを尊重し合って、良いコミュニケーションをとっていました。これは驚くべきことです。
選ばれた人たちがたまたま優秀だったのか、今時の若い人たちの傾向なのか、結論を急ぐことは
できませんが、同じ条件でプロのスタッフがやると、自己主張が大きく、ハナから前提を守らな
かったりと、もっと混乱したのではないかと思い少し複雑な気分です。

今回の若いクリエーターたちが意外だったのは、奇をてらわずに、きちんとした考えをもって
自分たちのもっている力を最大限に使い切ったことです。ですので手法はむしろクラシックです。

何度も言いますが、きちんとしたロードマップを作り、お互いを信頼することが重要だと思い
ました。自分の周りでは驚くほどそれがなされていません。自分としても多くのことを学べる
現場でした。これからも若いクリエーターの成長のお手伝いができればと思いました。

目の前のビジネスよりも、1人の天才よりも、よいコミュニケーションの積み重ねが映像の
未来を明るくしていくものだと確信しています。

番組とMVをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。
  https://gyao.yahoo.co.jp/player/09247/v00023/v0000000000000001125/
URLは、#2ですが、#3〜4まであります。(3月末まで公開。)

最後に、学生や卒業生の話を聞いて、映像を教える学校が企画から公開※まで、実践で教える
必要性を痛感しました。日本の映像業界は多種多様で、いろんなやり方が乱立しています。
しかし、基本は同じなので、社会に出る前に学んだ方が効果的だと思いました。
※欲を言えば、プロモーションと販売(収益化)も。

コンテンツ
サイレントフィルムとは? 過去の作品・スタッフ セミナー・動画サイト